タイのコスモポリタンな領域における上等で清潔な服喪

Matthew Phillips

2016年9月22日から26日の間、ある展示会がバンコクの繁華街のパラゴン・デパートとディスカバリー・センターの間にある商業スペースの小区画で開催された。その展示の目玉はロイヤル・プロジェクトの商品で、この開発プロジェクトはプミポン国王によって、その70年間の御代を通じて推進されたものであった。大きな白いテントの中は可動式の空調で冷やされ、袋を抱えた買い物客らが、茸ソテーのグリルドチーズ、ラズベリーケチャップ添え等のごちそうを味わいつつ、豪勢な空間を見物できるようになっていた。再現された山荘は、みずみずしく植えられた花々や木製のテーブル、田舎の家屋を模した建物を完備し、世俗的快楽を求める買い物客を迎えていた。前国王の大きな4枚の写真が天井から吊られていたが、あまりにも至るところにあったため、これと言って目立つ様子もなかった。

それらは最も精悍な頃のプミポンを描いたものであった。それらの写真の中で、プミポンは簡素な平服、あるいは軍服をまとい、一人で、あるいは女王か娘と並び、周囲には常に大勢の群衆が平伏していた。これらが撮影された頃のロイヤル・プロジェクトは、王室に広まった小規模な開発計画であった。それらの主な拠点となったタイ山岳民族のコミュニティのある地域は、大抵が共産主義の反政府活動に取り囲まれた地域であった。またこれらの計画は、しばしば国王直々の訪問を伴うものであった。一つのレベルにおいて、このような王国の辺境訪問は、開発の約束と相まり、プミポンを国家の建設者、冷戦主義者として示すものであった。この対極にありながら、これに匹敵する存在として、彼と同時代に地球の裏側にいたフィデル・カストロの例が挙げられる。また別のレベルにおいては、これらは世界の、またひいては宇宙の刹那と自己とを呼応させる事ができた完璧な仏教王を連想させた。

では、これらのイメージが現代の都会の消費者たちと何の関係があるのだろう?

The Royal Development Projects exhibition, initiatives promoted by King Bhumibol over the course of his seventy-year reign: September 2016, Bangkok

適時性

良いプロパガンダは、時宜を得たものでなくてはならない。かつてJacques Ellul (1973, 43)が明らかにしたように、プロパガンダは現在を形作る「基本潮流」との和(ラポール)を突くものでなければならず、また「移ろいやすい臨場性」と結び着く事によってのみ扇動的となる。基本的事実が速やかに歴史や中立、無関心の領域に移行するような世界の中で、プロパガンダが語るべきは「神話と、定められた時間と場所の前提」のみなのだ。

冷戦期を通じて、二つの極めて重要な要素がタイに歴史的臨場感を生んだ。それらは共産主義の脅威とアメリカ指向の開発主義である。当時のプミポンの地方訪問は、この両者に物申すものであった。それらは想定された反政府活動の脅威を浮き彫りにしただけでなく、当時進行しつつあった資本主義の急速な拡大に対する懸念も和らげたのである。

重要な事は、これが単独的な覇権主義のプロジェクトではなかった事だ。それは多角的なものであり、目覚ましい献身行為を王家の図像の様々なレベルでの利用権によって報いるという、一連の複雑な相互関係を通じて運営されていた。当面の間、この最大の恩恵はアメリカ人にあった。彼らのプロパガンダ作戦におけるタイ王政支持は、王家のイメージ保護に役立ち、これによって共産主義を打倒せんとするものであった。タイを訪問するアメリカ人の大多数にとって、彼らの戦争を行うために尽力した国王への忠誠は至極当然なものであった。さらに、西洋の白人に対する深い懐疑のわだかまっていた地域では、アメリカ人に特権的地位が与えられた事が、タイ的秩序を志向する義務感を植え付け、これが大いに文化統治の「伝統的」形式の尊重へと注がれたのである。このポストコロニアル的な道徳秩序は、タイのアメリカ主導の資本主義への急速な統合を支える上で役に立った。

冷戦主義者プミポンは、久しくその精彩を失っている。だが、新たに生じる動向を読み取る事に長けた王室は、その相互関係が新たな社会的、政治的現実を反映するよう、これを作り替えた。冷戦期のアメリカ人たちと同様に、タイの日常生活における王室の重要性を進んで主張してきた者達には、その報いに国王の道徳的権威と認められるものの一定の利用権が与えられてきた。代わりに、この事がタイ王権の拠り所となる既存の宇宙論に、変わり続ける世界の中で新たな効力を吹き込む事を助けてきたのである。

清新、清潔で健康的

今日の時代思潮は清潔さである。清潔な食事とスローフードは、バンコクの最もクールな場を席巻している。身体の毒素排出と現代生活の不安を和らげる事を約束した清潔な食事は、かつて、石鹸や衛生学によって規定された差異の、古い植民地時代の比喩(トロープ)を複製している。Anne Mcclintock (1995, 226)が、イギリスのインペリアルレザー(the British imperial lather)との関連で述べたように、「清めの儀式は、身体を意味の土壌として整え、自己と社会にまたがる価値の流れを秩序付け、一つの社会と別の社会との境界を定めるのである」。

「清潔な」(sa-ad)一皿の食事の値段が一般人の購買能力をはるかに超えているタイでは、世界的な流行である「スロー」、「オーガニック」、「クラフト」は、身体的な差異と純粋性を得る新たな手段を、数々の魅惑的な食料品によって提供している。またこれは新たな空間も生み出し、それらの清浄かつ清新な場は、一部の流行に敏感でコスモポリタンな顧客たちを楽しませんとするものである。アーリヤ・オーガニック・プレイス(Ariya Organic Place :Ariyaはパーリー語で純粋、貴重、あるいは高貴を意味する)などの名前がついたレストランは、したがって、海外の最新の手法を用いて都会人の身体に滋養を与える事を謳ってはいるが、国内のタイ仏教の世界観 1と結びついた、より長い歴史を踏まえたものでもあるのだ。

同じ事はパラゴン横の展示会についても言え、その宣伝用資材は「高原風にするべく木で飾られ」ながらも、「都市住民や新世代の需要と流行りのライフスタイルに応じる」「現代的なファーマーズマーケット」を基調としたものであった 2。すなわちそれは、世界的な通用性と文化的特性との融合であり、有名シェフの魅惑的な新レシピが、田舎風の小粋にタイ風のひねりを利かせ、高額な値札と共に供されたというわけだ。

ここで、前時代に撮影されたプミポン国王の不鮮明な肖像が、現代の新奇のスペクタクルの中で、極めて重要な要素を成していた。彼の肉体が今生の終わりに近づくにつれ、これらの肖像からは、冷戦の背景が取り去られる事となった。今、若かりし頃の国王の御霊が据えられているのは、清められた(borisut)文化的世界の中心であり、小規模ながらも活気に満ちた、贅沢な消費行為を通じた多様な参入の機会が横溢する場である。

ロイヤル・イメージの買収

九代目の御代を通じ、富と購買能力は、かつての外国人たちが王室との相互関係を築くための基本的手段となってきた。Christine Gray (1991)は、冷戦の真っただ中に、タイ華人の資本主義者たちが王家の慈善事業やイニシアティブに貢献する事で、いかに王家の威徳を「手にする」事ができたかを述べている。彼女はまた、タイ華人が所有するバンコク銀行が、1967年にロイヤル・ガルーダ紋章の使用権を認められ、その商標を王家と関連付ける手立とした手法も明らかにした。

一方、Kasian Tejapira (2003)は、1980年代後期からのタイにおける「急成長」時代に伴う急速な消費主義の拡大が、より均一な都会のアイデンティティ感覚を生み出す上で役立ったと主張した。増々、タイ人である事は、お金で手に入れられる事、あるいは、価値交換によって体験し得る事となっていった。一回の休暇、一着の服、一個の宝石、これらの全てをより魅力あるものとするには、それを「タイ的」な何かと関連付ければよいのであった。これとは別に、Somsak Jeamteerasakul (2013)は、この新たな消費文化の出現が、都会の消費者たちに王室勢力圏への進出を、より容易かつ魅力的なものとした事を主張する。単に王家お墨付きの、あるいはロイヤル・ブランドの商品を買う事は、より伝統的で儀礼化された献身の表明とは対照的であったが、国家への献身を示す明快な手段となったのである。

だが、時の経過と共に、これらの購入はまた、道徳的な複雑性から比較的自由であり続けるには、コスモポリタンな生活がプミポン国王の肖像を介したものである必要があるとの考えを裏付ける上で役に立った。1997年の危機で、タイの資本主義体制の根本的不平等が、かくも容赦無くさらけ出された後、王家の威徳はより一層貴重な商品となった。とりわけ2006年以降の時代、君主制への献身は、タクシン・チナワットに関連した様々な統治機関に反対であったタイの都会人たちを安堵させる事となった。すなわち、それは彼らに道徳的に高潔であり続けたという自信を与えたのである。

神話と行動

プロパガンダが時宜を得たものでなくてはならない一方、その伝道者はより長期の予定に従って働く。優れた運動が、日常生活の基盤を形成するような神話の浸潤を成功させるには、優れた焦点を維持してゆく必要がある。「神話とは」、とEllul (1973, 31)は言う。「全てを包括し、活性化させる心象を意味する。それはある種の好ましい対象のビジョンであり、その実体や実用的特質は失われ、強い色が付けられて、圧倒的で全包括的なものとなり、無関係なものは全て意識から押しのけてしまうものである」。そのような心象が存在する時にだけ、プロパガンダは「人を行動へと駆り立てる。これはそこに彼が善であり、公正であり、真実であると感じる全てのものを含んでいるからに他ならない」。

九世の御代を通じて、プミポン国王の肖像を介したコスモポリタンな文化の取次ぎは、王政を清新かつ意義あるものとして保ってゆくために不可欠であった。だがそれにはまた、極めてタイ的な宇宙論の存在にまつわる基本前提を強化する働きもあったのだ。冷戦の現代的ナラティブを越え、買い物客たちの上から下げられた肖像が偏在していたのは、それらがプミポンを神のような存在と見なす、より偉大な「真理」を示していたからである。彼の衣服が彼を質素で真摯で厳粛な者である事を示す一方、彼の足元に伏し集う群衆たちは、彼が無限のカリスマと正義、徳を備えた仏教王である事を告げていたのだ。

バンコクで最も健全なショッピングエリアの極めて衛生的な環境の中、その山荘風の建物は、単に清潔、清新であるだけではなかった。それは聖別された場所であり、心身両面の変容を約束していたのである。つまり、ファーマーズマーケットは、実際の農民たちによって汚される事なく、下級労働の場よりも、極楽浄土への第一歩を想起させるために、より多くの事が為されていたのだ。国王が彼らに神妙な視線を注ぐ中、それ自体が地表面から高くなったショッピングエリアの中で、信奉者たちは、かくして敬虔なる消費行為を促されるのであった。

Fusing cosmopolitan flavours with the spiritual purity of Bhumibol. A Doi Kham company product

新たなタイの純然たる悲しみ

国王の死に備える事は必然であった。なぜなら、その死が判じ難いものであったためだ。死の直後、大量の声明が広告掲示板や新聞に掲載されたが、これらは全て事前に書かれ、確実に適切な意図を伝えているかどうかを確認し、再確認しておく必要があったものだ。番組は台本を準備し、編集しておく必要があったし、記事は書き終えられている必要があった。

ドイカム(Doi Kham)社は、ロイヤル・プロジェクト商品を販売する最も有名な企業の一つであり、フルーツジュースを大手スーパーマーケットや、セブンイレブンにも卸している。プミポンの死の数か月前に、この企業の商品にも大幅な見直しが行われる事となった。派手な緑色のブランド戦略は否定され、新商品はすっきりと小ぎれいなものに留められた。その白い紙容器は、遠景の山々を背景、果物を前景に描き、ロイヤル・プロジェクトのロゴを上部に型押ししてある。「清潔」との評判を基に、これらの商品もまた、コスモポリタンな雰囲気にプミポンの精神的清浄を融合させたものとなっていた。仏教的宇宙論の観点から見ると、このデザインは須弥山を想起させるものでもあった。すなわち、果物は極楽浄土の山麓に「贈り物」として示され、ロイヤル・プロジェクトのロゴがその頂を象徴しているのだ。

10月13日の彼の死の直後、ドイカム商品に対する需要は急増、多くの消費者たちが最希少商品をしきりに探し求めた。タイのコスモポリタンな領域の中で、このような敬虔な消費行為は続いて行くと思われる。なぜなら、これらの行為が、肉体的存在から精神的存在へと変容した国王と、一層明確に関連付けられるようになるためである。今は亡き国王の威徳の遺物として、これらの新たにブランド化されたタイの既成道徳秩序の断片は、そのような関連を大切に思う者達にとって、極めて特別な価値を持つ。これらの企業のFacebookページへの書き込みで、特に希少な商品を探していた一人のユーザーは次のように説明した。「我らの父は本当に我々の元を去ってしまったのではありません。なぜなら、我らの父はこのように優れたものを我々に残して下さった。それらは彼の全ての子供たちの役に立つもの(mii prayot)であります。私は我らの父を愛しているし、彼の愛の表れである、これらの商品を支持します。」 3

アベリストウィス大学
史学及びウェールズ史学科
近代アジア史 非常勤講師

Matthew Phillips

Issue 22, Kyoto Review of Southeast Asia, September 2017

REFERENCES

Ellul, J. 1973 (1962). Propaganda: The Formation of Men’s Attitudes [Translated from the French by Konrad Kellen and Jean Lerner], New York: Vintage Book.
McClintock, A. 1995. Imperial Leather: Race, Gender, and Sexuality in the Colonial Contest, New York: Routledge.
Gray, C. 1991. ‘Hegemonic Images: Language and Silence in the Royal Thai Polity’,
Man, New Series, Vol. 26, No. 1 (March 1991).
Kasian Tejapira. 2003. ‘The Postmodernisation of Thainess’, in Shigeharu Tanabe and Charles F. Keyes, Cultural Crisis and Social Memory: Modernity and Identity in Thailand and Laos, Honolulu: University of Hawai’i Press.
Somsak Jeamteerasakul. 2013. ‘Mass Monarchy’, Yum Yuk Rug Samai: Chalerm Chalong 40 Pi 14 Tula, Bangkok: Heroes of Democracy Foundation and 14 Tula Committee for Democracy, pp. 107-118.

Notes:

  1. 出典: https://www.youtube.com/watch?v=JIlWsjcC3MU
  2. 「ロイヤル・プロジェクト マーケット@サイアム パラゴン」http://www.bangkokpost.com/lifestyle/whats-on/63523/royal-project-market-siam-paragon
  3. 2017年1月のFacebookへの投稿 著者による翻訳(ユーザーの身元は匿名)

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*